頬骨削りの美容整形とは

リスクやデメリット

また、顔には数多くの神経が張り巡らされているのですが、手術の際にこの神経にダメージを与えてしまうこともあります。
そうすると顔の感覚に影響が生じ、感覚が異常に敏感になったり逆に鈍くなるなどの知覚麻痺が起きる可能性もあります。
これは決して珍しいことではなく、手術を受けた人ならほぼ確実に起きる症状なので覚悟しておきましょう。
ただ、感覚麻痺は手術後時間の経過とともに回復していき、約半年から1年以内には元通りに戻る人がほとんどです。
神経の損傷具合によっては全員が完全に回復するわけではなく、しびれなどの後遺症が何年も残ってしまう人もいるので注意が必要です。
このように、頬の骨を削る美容整形手術には様々な効果と注意点があります。
非常に効果の高い手術ではあるのですが、その分リスクや副作用の心配も大きいので安易に手術を決断するのは止めておきましょう。
頬の高さを抑えたい場合、骨ではなく筋肉や脂肪を溶かすことでそれが実現できるケースもあります。
ボトックス注射などリスクが小さい施術を選んでも十分に効果を得られることもあるので、自分の頬がどういった理由で突出しているのかを正しく把握することも大切です。
骨を削るというのは最後の手段とも言えるので、信頼できるクリニックを見つけて慎重にカウンセリングを行い、本当に頬骨削りの手術が最適なのかを確認するようにしましょう。

頬骨を削る効果手術を受けるときの注意点リスクやデメリット